Alfa_edited.jpg

​ローカル5Gへの取り組み

複数の業務を経て、Solution Business Development
FunctionのFunctional Ownerとして活躍

2014年入社。大学では資源生物科学科に所属。

入社後、SIMの出荷に関わる業務(SIM作成、Activation Center、出荷)、及びヘルプデスクにて個人のお客様対応に携わる。

その後、社長室業務にて、当時の副社長の承認・説明プロセスを担当し、東証一部への株式市場変更申請の為、

「有価証券報告書 Ⅱの部」などの作成を行う。

ネットワークチームでの動画圧縮ソフト評価などを経て、法人向けソリューションの2SIMルータ、非保持化タブレットを担当し、

現在は法人向けソリューションの提供するSolution Business Development FunctionのFOとして活躍し、企画・顧客対応を提供している。

ソリューションエンジニアとして
技術的な営業を行うFunction

営業の中でも、ネットワークやセキュリティなどの技術的な対応を行うFunctionです。

日本通信のホームページにソリューションとして紹介されている、クレジットカード決済用のタブレットや2SIMルータなどをお客様に提案します。

また、要望に合わせてカスタマイズして提供しています。

ローカル5Gを利用した遠隔診療等の実現に向け、
病院での実証実験に参加

総務省が実施する令和2年度の「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」において、

滋賀県高島市民病院では「中核病院における5Gと先端技術を融合した遠隔診療等の実現」に向けて実証実験をすることとなりました。

5Gの特長である「超高速」、「超低遅延」、「多数同時接続」により遠隔診療が可能になれば、人材不足を課題とする地方医療の効率化、

病院機能の向上が見込まれます。

日本通信はこの実証実験において、ローカル5Gの技術的なサポートを担当しました。

手探りの中、技術的なサポートを担当

この実証実験では、病院内の一室にローカル5Gの基地局を構築し、他の部屋にある医療機器等へ電波を飛ばす必要があります。

しかし、手術室や診察室、X線放射室など病院内の壁は多種多様で、

電波の強さや数センチのズレで数値が大幅に変わってくるといった問題がありました。

また、電波の減衰等がどの程度になるかを評価する必要もありました。

弊社としてはこの問題を明らかにする為に、電波の測定について十分なノウハウがある訳ではありませんでしたが、最初は手探りの中、

必要な免許を取得し、他社と協力することで、電波の強さや質、ブレの許容範囲などを測定することができました。

コロナ禍の病院において、実証実験を進める

実際の現場で動くことがすごく大変でした。というのも、コロナ禍で実際に稼働している病院での作業であったため、

東京のオフィスから滋賀の病院へ行くにあたり、まずはPCR検査を受ける所から始まりました。

普段は人が入ることができないようなサーバ室や手術室での測定をする機会も多々あり、病院の方にご迷惑をかけないよう心がけました。

また今回は実証実験ということもあり、コンサルティング会社や内視鏡システムのメーカー、4K画像システムの関係者など、

多数の企業や団体の方が参加されていました。

その中で、それぞれの立場や詳しい分野を考慮しながら、うまく連携し実証実験を進める事が求められました。

今後は、実際の業務でも複数の団体・企業との連携が必要となることから、今回の実証実験は良い経験・学びの場になりました。

Functionの今後の展望

ローカル5G事業は、魅力的なシステムを持つ他社と協力しながら、お客様にアプローチをする方向で進めたいです。

ローカル5Gは道路のようなもので、その道路のみを提供しても、ユーザーはイメージが湧かず、恐らく導入にはつながりません。

例えば今回の実証実験のような医療システムや学校向けの教材システムなど、

道路の上を走る魅力的なシステムを提供できるコンサル会社・メーカー等、パートナー企業と組むことがローカル5Gの提供には不可欠です。

時にはジョイントベンチャーを立ち上げることも選択肢の一つとなります。

基本的なSolution Business Developmentの営業は、お客様より「こんな事をしたい」というご相談が来た際に、ローカル5Gを使って何が出来るのか、ニーズを汲み取り提案し、それが顧客のニーズにマッチすれば導入を進めるといった流れになります。

ただモノを売るビジネスとは違い、場合によってはお客様ごとに開発や調整が必要になるため、ご要望に対して一歩先まで踏み込んでご提案し、

かつコストを抑えて提供出来るよう、技術的に進歩しておく必要があります。

Solution Business Development Functionでは、ローカル5Gの他に、クレジットカード情報非保持化タブレットや閉域網での通信など様々なサービスを扱っているため、弊社HPの拡充によるお客様へのアプローチを進めています。

新しい事に臆することなく
チャレンジ出来る人を求めます!

Solution Business Developmentで活躍できる方は、自分で考え、物事を進められる人です。

Solution Business Developmentは同じ事を繰り返す業務ではありません。

お客様のやりたいことをお伺いし、社内に散らばっているノウハウを集め、進める必要がある業務です。

お客様のお話をお伺いする際、必ずしも話し上手である必要はありません。

表面的なコミュニケーションではなく、お客様の要望から真の課題や物事の本質を見つけ、それを解決する事が重要となります。

今回のローカル5G実証実験もそうですが、弊社では、前例がないことに挑戦し、自ら前例をつくりあげてきた経験が沢山あります。

新しい事に臆することなく、本質を見極めチャレンジ出来る人を求めます。