「安心・安全に情報を運ぶこと」

それが日本通信のミッションです。

世界中のどこへでも、安心・安全に情報を運ぶことは、ひとつの国の通信事業者ではかないません。

日本通信はMVNOとしての強みを活かし、複数の通信事業者のネットワークと相互接続することで、あらゆるところへ安心・安全に情報を運び、未来の社会のリクエストに答えを出していきます。

常にゼロベース、そしてオープンマインドで

大人になったら何になりたいかと聞かれたら、私は今でも「まだわからない」と答えます。

自分が正しいと思ったことに真っ直ぐに向かっていき、迷った時は「正論」とは何かを考える。これを続けていくうちに、何らかの形で社会貢献ができたり、自分の幅が広がったりしているのでしょう。

日本通信は創業以来、携帯事業者ができないサービスやりたくないサービスを実現し、人々や社会がモバイルネットワークを必要な時、必要に応じて提供できるようにしてきました。日本通信のビジネスは、ゼロベースから考えを積み重ねていく、前例のないやり方にもオープンマインドで取り組む、と言う行動から生まれています。

​固定網の解放はまず米国で始まったため、インターネットは米国で育ちました。一方、携帯網の解放は、無線ネットワークの先進国である日本で始まりました。日本通信は、次世代インターネットのフロントランナーとなある為、日本初グローバルで進化していきます。社員一人一人が挑戦することで、小さな私たちでも、大きな貢献ができるのです。

代表取締役会長

​三田 聖二

”初めて”を創る力

通信業界は成熟業界と見られがちです。しかし、そうでしょうか。通信業界は、これからの成長産業であると私共は考えています。

それは、IoTの時代にあらゆるモノと人がネットワークにつながることからもおわかりいただけるでしょう。ネットワークとデータが新たな価値を創造していくのです。

日本通信が本当にやりたい新しい構想は沢山あります。国や通信方式を統合したマルチネットワークをたった1枚の「日本通信SIM」で、世界中、色々な形で利用していく、そのような姿を描いています。

「これまでにないもの」=「初めて」を創る力、それは、プロデュース能力です。

日々の暮らし・趣味などから得た経験・知識、仕事でのノウハウの蓄積、人と人との関係を築くこと。これらを活かし、新しいものを生み出していく力と言ったらよいでしょうか。

日本通信の強みは、そのプロデュース能力を育てる環境があることです。若い社員でも、チームのメンバーひとりひとりが幅広い業務の機会を得ます。それらの業務から得た、深く幅広い経験がシナプスのようにつながり、強いプロデュース能力を培います。その力の結晶が日本通信の“初めてを創る”原動力となるのです。

代表取締役社長

​福田 尚久

会社概要

社名

日本通信株式会社 (英文名:Japan Communications Inc.)

本社所在地

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス 23F

設立

1996年5月24日

資本金

4,034百万円

上場市場

東証一部(証券コード9424)

​従業員数(2019年3月時点)

107人

© Japan Communications Inc. All Rights Reserved.